プラントエンジニアリングとは


海外技術者に馴染みのキーワード、プラントエンジニアリング。
そもそもプラントとは、複数の機械・装置を組み合わせた大型の産業設備のことを指します。例えば、大規模なプラントで有名なものですと、鉄鋼プラント(製鉄所)があります。鉄鋼プラントの場合、製鉄工場、コークス工場、製鋼工場、厚板工場、大/中/小径管工場、熱延工場、冷延工場、メッキ工場などの生産設備から、輸送設備である港の建設まで含まれます。
プラントエンジニアリングとは、そのプラントの企画の立案からシステム設計、資金の調達、施工、建設、稼働、アフターケアまで行う一連の技術体系のことです。
日本のプラントエンジニアリング分野においては、日揮、東洋エンジニアリング、千代田化工建設の3社が「エンジニアリング御三家」と呼ばれているほど、大きな存在感を示しています。
プラントエンジニアは、生産設備の設計・管理を専門に行う技術者のことです。通常プラントはいくつかの専門分野から構成されており、機械、電気、土木、化学などの各領域の設備系技術者がチームを組んで、プロジェクトを進行させます。
またプラントエンジニアは各種設備を取りまとめ、クライアントが求める形にセットアップし、スイッチを入れたらすぐに稼働する状態(フルターンキー)で引き渡します。クライアントと各器材メーカーの間に入り、交渉することが求められます。図に落とし込んで関係者に共有させる能力、工事にあたっては指導能力、調整能力が求めされます。
例えば機械系エンジニアの場合、プラントの基本設計・詳細設計から構築、オペレーション、メンテナンスまで行います。業務には、機械工学系の知識が求められます。ニーズが高いのは、「制御仕様の取りまとめ」のような上流工程を担える、プロジェクトを引っ張っていけるエンジニアタイプの方です。
また電気系エンジニアの場合、プラント全体をコントロールする制御システムを構築します。例えば火力発電や原子力発電のような発電プラントの場合、プラント内のコンプレッサーやバルブを動かす電気制御、分散制御システムを統合制御する計装制御といった仕事があります。
分野によって、プラントエンジニアに求められる知識や経験は、かなり異なります。ただし、車内の関部署や社外の協力会社など、様々な人々と関わりながら進めていくので、対人折衝能力や取りまとめ能力は、どの分野でも共通して求められます。