上場することの意味!


3回目の今回は、上場することの意味についてお話しします。
上場をするということは、ある意味で、自分の会社ではなくなります。日本では、創業者が資本金を用意し、自分が社長になって、全てをとり進めます。自分の個人資産を全てつぎこむこともよくあります。従って、創業社長にとっては会社は名実ともに、自分の会社です。資本金も全て自分が出している時はそれでもいいかもしれません。しかし上場すると、株主に、第三者、あかの他人が入って来ます。会社は株主のものですから、正確に言うと、自分の会社、少なくとも、自分だけの会社では無くなります。
上場するためには、社長が独断専行する会社ではいけません。たとえ社長であっても、役員会にはかり、会社のルールに則って経営を進めていく必要があります。まして、会社の金庫からお金を勝手に持ち出すことはできません。個人の生活費を会社の金で賄う、つまり公私混同はできなくなります。
従って、自分勝手に、自由に好きなようにやりたい社長様は、上場すべきではありませんし、上場できません。上場するためには、相互牽制、ダブルチェックがかかった形で会社が運営されている必要があります。
言い換えれば、社長ご自身がどういった人生を送りたいのか?それが大きなポイントになります。単にお金儲けがしたいとか、自分の思い通りに会社を動かしたい、という方は、上場を目指すべきではありません。
上場を目指す以上、会社の理念、ビジョン、将来像が必要です。世の中にどう貢献するのか。その中で、社長として、自分は何のために働くのか。それが利己的なものでなく、世の中の役に立ちたいというある意味で崇高な目的が必要です。
上場するということは、永遠に成長して企業価値を高めていく、ということです。そのためには果敢にリスクを取っていく必要があります。そうすると、次々に障害が現れて来ます。成長の壁、課題を解決し、乗り越えていくためには、自分だけが儲かればいいといった、利己的な目的だけでは、乗り越えていくのは困難です。いろんな人に応援をしていただく必要があります。その時、人々が力を貸してくれるのは、あなたの会社が世の中の役立に立つ仕事をしていて、一生懸命に社長も役職員も努力しているからです。
もちろん会社を作った出発点は、個人の欲望を追求するのでも構いません。しかし人を雇い、会社を大きくしていく決意を固めた時には、企業理念やビジョンは必ず必要です。まして上場を目指す時にはそれまでの人生を振り返り、また、会社の歩んで来た道をたどって、将来のあるべき会社の姿を思い描いて下さい。そしてそれを外部の人や会社に説明をして、応援団を募って下さい。そうして株式の上場をしたいと思われましたら、私どもに皆様のお手伝いをさせて下さい。理想を求める会社様、社長様を応援していきます。