建設用語 あ行


◆一級建築施工管理技士 ~イッキュウケンチクセコウカンリギシ~
施工管理技士国家資格で、年に1度試験が実施されます。施工管理つまり現場管理(監理ではありません)をする現場監督の為の資格です。業種ごとに認定され、その中で一級建築施工管理技士は最も広範で難しい資格です。
◆意匠設計 ~イショウセッケイ~
装飾上の工夫・デザインの設計のことで、建物に対して使用者の満足度を大きく左右する、最も大きな要因となります。一般に「設計」といえば、「意匠設計」を指すというほど、高度な専門能力を要求される職業です。関わる建築物は多種多様で、建築主の意向を聞き出し、それに沿った提案ができるかが建築士としてのスキルの高さとなります。
◆エキスパンションジョイント
構造物相互を緊結せずに接続する方法です。L字型構造や渡り廊下のある建物の場合、温度変化による伸縮、また地震による揺れで無理な力が部分的に集中しないよう、2つの棟に一定のすき間をもたせます。このすき間を覆い、変形に追随することで外力を分散吸収し、建物の被害を最小限に食い止める「アルミ」や「ステンレス」などの金属板をエキスパンションジョイントといいます。
◆ウレタンゴム系塗膜防水 ~ウレタンゴムケイトマクボウスイ~
ウレタンを使用して防水工事を行う方法です。ウレタン特有の伸びと強さがあり、下地形状が複雑でも継ぎ目のない均一な防水層を形成します。使用できる範囲も広く、床や屋上、バルコニー、トイレ等、軽歩行が想定される場所での使用に適しています。また、トップコートにより仕上がりをカラフルにすることができるほか、耐久性に優れ、補修が楽なのも大きな魅力です。
◆ALC ~エーエルシー~
発泡剤で多孔質化した軽量気泡コンクリート。板状にしたものは「ALC板」 若しくは 「ALCパネル」と言います。コンクリートとは違い、軽量で、断熱性・耐火性に優れています。施工、加工が容易で、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の床、屋根、外壁、間仕切に使用されます。
◆アイランド工法 ~アイランドコウホウ~
山留めから斜めに堀削して中央部の基礎・地下をつくり、山留めとの間に切梁を付けてから周囲を堀削し、基礎・地下を周囲に伸ばしていく工法です。先に作った中央部を足掛かりにして、周囲を堀削していきます。中央部の構築物が島状、アイランド状になるので、その名がつけられました。中央の島を周辺へと大きくしていって基礎、地下の全体をつくるわけです。大規模現場に適し、切梁数量が少なくて済みますが、軟弱地盤には不適な工法でもあるようです。代表的な山留め支保工は、水平切梁工法(切梁を水平に架ける)・アイランド工法(建物を使う/中から外へ)・トレンチカット工法(建物を使う/外から中へ)・逆内工法(建物を使う/上から下へ)・地盤アンカー工法(アンカーを使う/錨を入れて引っ張る)の5種となります。
◆アースアンカー工法 ~アースアンカーコウホウ~
引っ張り材を地盤に固定することによって山留めを支える支保工です。引っ張り材を土の中にしっかりと留めて(アンカーして)、それで山留壁を引っ張ることによって支える工法です。地すべりの末端部や道路の法面などで、不安定な土塊を固定するために用いたり、様々な理由で構造物が単独では安定しない(転倒のおそれがある)場合に用いります。代表的な山留め支保工は、水平切梁工法(切梁を水平に架ける)・アイランド工法(建物を使う/中から外へ)・トレンチカット工法(建物を使う/外から中へ)・逆内工法(建物を使う/上から下へ)・地盤アンカー工法(アンカーを使う/錨を入れて引っ張る)の5種となります。
◆アークエアガウジング
アーク熱(炭素棒を電極として発生させる)で溶かした金属を圧縮空気で連続的に吹き飛ばして金属板の表面に溝を掘る方法です。主に溶接部の裏はつり(突合せ溶接で、開先の底部の溶込み不良の部分又は第一層部分などを裏面から はつり取ること)に用いられます。
◆アスファルトプライマー
コンクリートの上にアスファルト防水層を施すとき、防水層の下地として、コンクリートとアスファルトとの密着をよくするための塗液。アスファルトを溶剤で溶かした液体です。
◆アスファルトルーフィング(フェルト)
フェルトにアスファルトを染み込ませた防水シートのことです。主にビルの屋上部分や戸建の屋根部分などに敷かれており、雨水が室内に侵入するのを防ぐために用いられています。コンクリートにアスファルトプライマーを塗り、翌日アスファルトルーフィングを熱で溶かしたアスファルトで張り付けます。

 

海外建設技術者の案件情報は下記をご覧下さい
こちらから!
国内建設技術者の案件情報は下記をご覧下さい
こちらから!
まずはエントリーを!!という方は下記よりお願い致します
皆様からのご応募お待ちしております!!
→エントリーはこちらから!