CAD用語 か行

◆CAT ~キャット~
Computer Aided Testingの略。コンピュータ支援による測定・検査および評価システム。試作品や製品が仕様・設計どおりにできているかどうかを、コンピュータを利用して自動的に測定・検査する仕組みやシステムのこと。CADやCAMと連携して用いられることが多い。
◆CAPP ~キャップ~
Computer Aided Process Planningの略。コンピュータ支援による工程設計システム。 CAD によって作成した部品の形状をもとに、部品の加工手順や加工機械を決定し、加工時間を算出したりすることができるシステム。
◆構想設計
商品企画からの製品仕様を実現するための技術検討プロセス。3次元CADなどを使用してイメージ化させ、製品仕様を決めたり条件など検討し、基本設計を構想しておく。
◆クロスヘアカーソル
AutoCADを開いたとき必ず画面に現れる十字のカーソルのことです。中心にはピックボックスと呼ばれる四角があります。非常に便利なツールで、十字を画面いっぱいに広げることもできます。
◆コマンドヒストリ
シェルに組み込まれたコマンドで、以前コマンドラインに入力 したコマンドを再利用する方法です。何度も同じコマンドを繰り返して使うことが多い場合、ヒストリ参照機能は一度使うとやめられなくなるでしょう。
◆コンパイラ
プログラミング言語で記述されたソースコードを読み込み、コンピュータが直接実行できる命令語に変換するソフトウェアのことです。プログラミング言語によって書かれたプログラムをソースコード(原始コード)と呼び、変換後のプログラムをオブジェクトコード(目的コード)と呼びます。
◆コンポーネント
英語で「構成する要素」の意味です。機器やソフトウェア、システムの構成する部品や要素などのことを意味します。製品の分野によりさまざまな意味を持つようになり、機械の分野ではその機械を構成する部品の一つひとつがコンポーネントです。コンピュータソフトウェアの分野では、目に見える部品のことではなく、ある特定の機能を果たす単位のことなどです。

 

建築・構造設計・意匠設計の案件情報は下記をご覧下さい
こちらから!
オフィスワークの案件情報は下記をご覧下さい
こちらから!
まずはエントリーを!!という方は下記よりお願い致します
皆様からのご応募お待ちしております!!
→エントリーはこちらから!

2014年10月16日 | カテゴリー : CAD 用語集 | 投稿者 : OPC-staff