PCキーボード操作活用編

♦オートフィル
コピーと連続データ

セル範囲を選択し、その右下隅をドラッグすることでコピーや連続データの入力が簡単に、素早くできます。例えば「1月」と入力されたセルをオートフィルすると「2月」「3月」「4月」・・・と連続データが入ります。
 
実務で活用する際に覚えてもらいたいのが「Ctrl」キー。
オートフィルではデータの種類によって、コピーと連続データのどちらになるかが異なります。文字と数値はコピー、数字交じりの文字と日付は連続データになります。「OPC21」をコピーしたいのに、ドラッグしたら「OPC22」「OPC23」・・・になって困った経験はみんなあるはず。
 
そこで「Ctrl」キー。「Ctrl」キーを押しながらドラッグすると、普通にドラッグしたときと
反対の動作になります。違う時は「Ctrl」十「z」キーで元に戻し、「Ctrl」キーを押しながらオートフィルし直してください。
また、オートフィル後の右下に「オートフィルオプション」があるのでマウスで変更しても出来ますが、より時短になるポイントは「Ctrl」キーです。
そして以外に知られていないのが、子・牛・寅・卯・・・などの十二支も連続データで表示されます。当たり前の数え方は連続データで表示されます。

 

モバイル通信業界の案件情報は下記をご覧下さい
こちらから!

 

◆基本のショートカットキー
「初級操作編」
エクセルならではの便利キーや、エクセル以外のソフトでも使えるワザもあるので是非覚えてください。
マウスよりキーボードでやったほうが早い!!ということがエクセルでは多くあります。例えばコピー/貼り付け。これらはマウスの右クリックするよりも、「Ctrl」十「C」などのキー操作のほうが圧倒的に素早いです。このように特定の機能を出すキー操作を「ショートカットキー」と呼びます。
まずは基本的な「Ctrl」ショートカットキーからご紹介します。
 
◆コピーと貼り付け
「Ctrl」十「C」の操作は「Ctrl」キーを押さえながら「C」キーをポンと押します。これでコピーが完了。貼り付けは「C」の代わりに「V」を。右手でマウスを握ったまま、左手だけでできるのでとてもスムーズです。

 

◆書式設定の開き方

 

◆日付の固定

 

オフィスワークのお仕事情報の詳細は下記からご確認下さい
こちらから!

 

◆文字の折返し(エクセル)

 

◆キーボードで移動(エクセル)

 

◆端へ移動(エクセル)

 

◆端へ個別移動(エクセル)

 

国内建設技術者のお仕事情報の詳細は下記からご確認下さい
こちらから!

 

◆ウィンドウの切替

 

◆シートの切替(エクセル)

 

業務効率を上げ、時間をうまく使いましょう!
お仕事に活かしたいな!と思った方まずはエントリーを!!下記よりお願い致します
皆様からのご応募お待ちしております!!
→エントリーはこちらから!